不当解雇
日本の法律では簡単に従業員を解雇することは出来ないと定められています。 従業員を解雇するには、しっかりとした決まりがあり、その条件を満たしていない限り解雇としては認められないのです。不当解雇はこうした法律や就業規則などの決まりに従わず会社が一方的に労働契約を解約する行為を言います。
2018.07.30

退職時に残った有休は消化?買取?有休を理解しないと損をするかも?!

退職する際に有給休暇が残っている場合、取得してから退職したいですよね。でも、そもそも有休が取りづらいから残っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、働いている方は有休を取得する権利があるのです。

日本は海外と比較すると、有休の取得率が半分~2/3と言われています。

今回は有給休暇について色々とご紹介したいと思います。退職時の有給休暇で悩まれている方のヒントになればと思います。

1.有給休暇の基礎知識

まずは、有給休暇の基礎知識についておさらいしておきましょう。

(1)有休はみんなにある

有給休暇は一定の要件を満たしている労働者の方であれば全員が貰うことが出来ます。有給休暇にはパート・アルバイト・契約社員・正社員・派遣社員は関係ありません!!

それでは、有給休暇が与えられる一定の要件とは何でしょう?

雇い入れから6ヶ月継続して勤務しており、全労労働日数の8割以上出勤している

*労災等で休んでいる、育休、介護休暇などを取得しているという場合でも、出勤したものとして扱うことになっています。また、会社都合で休日となっている部分は全労働日には含まれません。

上記を満たしていれば有給休暇を貰えます!

(2)有給休暇の日数はどう決まる?

有給休暇を貰える日数は下記の表を確認してみてください。

有給休暇をもらえる日数

ちなみに、週の所定労働日数が4日以下で所定労働時間が30未満の方は下記の通りです。

週の所定労働日数が4日以下で所定労働時間が30未満の表

上記の日数は有休が与えられているはずです。給与明細などに有休残高が記載されているケースもあります。もし、記載がない場合は人事担当などに確認してみましょう!

(3)有給休暇は期限がある!

有給休暇は消費期限があるのです。有休は与えられてから2年で時効を迎えます。2年経ったら、2年前に貰った有休は無かったことになってしまうのです・・・

図

-平成31年からは有給休暇5日取得が義務化!-

有休の取得率があまりにも低いということから、働き方改革の一環で「有給休暇5日取得」が義務化されることになりました。

年に10日以上の有休が与えられている労働者に対して、企業はそのうち5日を取得させることが義務付けられることになります。

労働者にとっては、有休が取りやすくなります。そして、今まで泣く泣く時効を迎えてきた有休も最低でも5日は消化されることになります。

(4)有休休暇の取得に理由なんていらない!

有休を取得するとなると、きちんとした理由がないといけない・・・と思ってしまう労働者の方は多いと思います。

しかし、有休を取得するための理由を会社に説明しなければいけないという決まりは労働基準法にはないのです。もちろん、勝手に休むのはダメですが、事前に有休を取得しますと伝えておけば、休む理由まで伝える必要はないのです。

有休は労働者に与えられている権利なので、会社がそれを認めないということは出来ません。

―ただし会社は「時季変更権」を持っている-

有休の取得申請をしている期間が、会社の業務に支障がでるような場合、会社側は「時季変更権」を使って、労働者の有休の日程をずらすことが出来ます。

2.退職時に有休をすべて消化しても良いか?

結論は「良い」です。筆者も前職を退職するときに、30日くらい有休が残っていましたがまるまる使わせていただきました。

もちろん、この際の理由も特に伝える必要はありませんが、退職が決まっているので「退職のための有休消化」で問題ありません。

退職時に残りの有休を消化する場合には、

引継ぎ等のスケジュールをきちんと設定する

最終勤務日、退職日を上司と相談する

など、業務に支障がでないようにしっかりと環境を整えてから有休消化に入りましょう。「立つ鳥跡を濁さず」です。

3.残った有休の買取はあり?

有休消化しきれないから、残りの有休は会社に買い取ってもらいたいと考える方もいらっしゃるかもしれません。

実は、有休の買取は原則禁止です。法令違反となります。有休は労働者に休暇を与えるためのシステムなので、それを休ませるかわりにお金で買い取るはNGです。

しかし、退職時や有休の時効によって消滅してしまった有休を買い取ることは違法にならないことになっています。

買い取るかどうかは会社次第になります。したがって、労働者側から買い取ってくれ!と要求して、会社がそれを認めなければいけないという事にはなりません。

会社が買い取りは行わないとしている場合には、買い取ってもらうことは難しいと言えます。

4.退職時に有休取得で起こるトラブルとは?

退職時の有給取得では以下のようなトラブルが起こることがあります。

退職時の有給取得でのトラブル

最初にご説明したように、有休の取得は労働者に与えられている権利であり、会社側が一方的に拒否できる事ではありません。有休が付与される条件を満たしていれば、入社して半年後から有休は付与されているはずです。

もし、上司に上記のようなことを言われた場合には、人事などに直接かけあってみることをお勧めします。

それでも取得させてもらえないような場合は、労働基準監督署などに相談に行くことも出来ます。

まとめ

日本人は有休の取得率が低いと言われています。しかし、有休は労働者に与えられている権利のひとつなのです。たまには有休を使ってリフレッシュすることも大切です。

有休には時効があります。2年前に付与された有休は新たな有休の付与に伴い消滅されてしまいます。せっかく使える有休が、消滅してしまうのはもったいないです。消滅してしまう前に思い切って使ってみましょう!!

仕事を離れることは仕事にプラスになる何かを見つけることが出来るかもしれません。有休を取るのは申し訳ないとお考えの方は、仕事のためのインプットの時間と捉えて有休を取得してみてはいかがでしょうか?

また、退職が決まっている方は、残りの有休日数を確認し、最終勤務日を設定しましょう。最終勤務日までに引継ぎなどやるべきことを整えて、心置きなく有休消化に入りましょう。

この記事を共有する
Share on Facebook
Facebook
0Share on Google+
Google+
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
弁護士の無料相談実施中!

当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

050-5212-3326

(対応時間 平日9時~19時)

【残業代】についてのメール相談
【その他】の労働問題のメール相談

日本法規情報 エースパートナー法律事務所